読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受験生としての私を振り返って。

 

 

ご無沙汰しています。

今日はやっと終わった私の浪人生活について備忘録的に書こうと思います。もう忘れてることもあるかもしれないけど。笑

 

さて、私が浪人することが決まったとき、実はものすごく腐っていて、どうせだめなんだって思ってました。このまま大学行くのやめてバイトして適当に生きていこうかなって思ったり。

私は今までの小中高、しっかり勉強してきたってことだけが自慢だったので唯一の自信を粉々にされた感じだったんです。受験生として1年だけ頑張った人がGMARCHと呼ばれる大学に受かっていてどうして私は落ちたのか、なんでって思っていました。そんなこと思ってたってどうしようもないって分かっているのにどうしても辞められなくて、今思い返してもほんっっっっとにクソ人間だったなって思います。笑 酸素吸ってるのもったいない。

 

そんな時に、高3の担任の先生に結果をお知らせするのに電話してお話した時に、今までやってきたこと分かってるよ。ここで辞めてしまったら一生悔しいままだよ。という言葉をいただいたことがキッカケで立ち直りました。

そこから駆け込みで予備校を探して入塾。4月の半ばから予備校通いが始まりました。

 

授業はすごく刺激的というか知らなかったことがたくさんあって、自分の今まで勉強してきたことなんだったの!ってぐらいでした。今まで一度も塾に通ったことがない私にとっては塾に通うという行為自体がすごく新鮮だったし、学校の授業とは違った視点からの授業で驚くことばかりでした。特に得意だと思ってた英語はまだまだ知らないことがたくさんあって楽しかった!

ずっと予備校通いが続いて、たまに友達と会ったり、サマステに誘っていただいて騒いだりして、どんどん時が経ち、あっという間に色々過ぎ去っていってしまった感じ。気づいたら12月になっていて、どうしよう日本史完成してない去年と同じ道を辿ってる怖い!って思って焦っていました。やればやるほど分からなくなる英語や直前になってスランプになってしまった古典。結局ほとんど対策出来なかったリスニング。単語も不安だ!って全部全部不安になって1人で泣いたりしたこともあって、結構しんどかった。一緒に浪人した友達はいたけど、国公立を目指す友達の方がきっと絶対大変だし、なんか言えなくて、1人で抱え込んでしまってしんどくなるっていう負のスパイラルに陥ってほんっっっっとにしんどかった。今だから言えるけど、受験やめようかなとか思った。笑

でも支えてくれる人がいて、お金出してもらってこんなにしてもらってるのに今更辞めたいとかそんなこと言えない!って思い直して、自分を奮い立たせてなんとか立っていたって感じです。

 

そしてセンター試験がやってきて、日本史やらかしてまた落ち込みました。笑

でも英語はすごくよくできて、それは嬉しかったし支えになったかなあ。

 

そして始まった私立入試。3日連続受験とかあったりしたけど、それが逆に良かったかなって思う。日にちが空いてしまうとその間手持ち無沙汰になってしまう(去年がそうだった)ので。

最後の試験が終わる2日前に、ある大学のセンター利用の結果が出て絶対落ちたと思ってたのに受かっていて、大学に受かる、選ばれるって感覚を初めて味わいました。やっと選ばれたって思って嬉しかった。あと両親が泣くほど喜んでくれたのが嬉しかった。滑り止めでこれなんだから、第一志望受かったらもう飛び上がって喜んでくれるんじゃないかって思ってよりやる気が出ました。

そして全部の試験が終わって、でも手応え一切ないんですけど!?って感じでした。でもやり終えて達成感はあったかなあ。

 

その次の日から怒涛の合格発表ラッシュ。第一志望より下の大学が落ちた時に、あぁ、もう無理だなって思ったりでも大丈夫!信じなくてどうする!ってなったり感情が忙しかったです。笑

第一志望の発表の前に、3つの大学から合格をいただいてました。

 

で、第一志望の合格発表の日。(Hey! Say! JUMPのシングルのフラゲ日とかぶる)

10時に合格発表が出る学校で、すごくドキドキでした。結果は不合格。

お母さんと一緒に見て、「ダメだった。(笑)」ってヘラって笑った。あんなにお金を出してくれたお母さんは文句1つ言わず、「そっか。やっぱりすごい学校なんだね。」って言ってくれました。そのままお母さんは仕事に向かいましたが、私はこんな時でも素直に悔しいって泣くことが出来なくて、何度も不合格の文字を見て、あなたはいらないよ。って言われてるみたいで、今までやってきたこととか全部無駄だったみたいで、1人で大泣きしました。どうしても誰かと泣くことが出来なかったからすごく苦しかった。未だにこの悔しい思いを誰にも伝えられてません。このブログに書くのが初めて。画面にしか本当のこと言えないのは悪い癖です。

 

そこからいろんな人に報告とお礼をして回って、その度にみんなが責めることなく、よかったねって言ってくれるのがただただ辛くてどうしようもなくて、不甲斐ない思いでいっぱいになりました。心の中でずっと、ごめんなさい。を言い続けてます。(これは現在進行形)

 

そんな時に、らぶが歌ってたへぶんりだったり、7のただ前へを聴いて、今のままじゃダメだって少し思うようになりました。

私がいただいたこの合格は去年の私のように入りたかったのに入れなかった人が死ぬほど欲しかった合格かもしれない。与えられた場所で輝けなければ自ら輝きを掴むことは出来ない。今はこの与えられた場所でしっかりやろう。そう思いました。

 

きっと世間的に見れば、浪人して第一志望落ちるのかよって思われると思います。結局世間的には中堅校って言われるところにしか受からなかったわけだし。

 

でもね、浪人して悪かったことだけじゃないんです。

浪人しなかったら、大学へ行けるありがたみや大学に行くことの大変さなんて分からなかったと思う。だからきっと平気で講義サボったりしてたかもしれない。浪人しなかったら、両親や友達のありがたみもきっと分からなかった。

浪人したからこそ見えた景色があって、その景色はきっと現役で入学するより、私にとっていい景色だと思う。

ただすごく悔しい。第一志望に未練がないと言えば嘘になる。行きたかった行きたかった行きたかった行きたかった!!!!!!でも人間は生きてる限り前に進まなきゃいけなくて、立ち止まったらきっと置いていかれるから、歩き続けなきゃダメなんだと思う。

行きたかったと嘆くのは簡単だけど、これからどうしたいか考えることはすごく難しい。私は今まで難しい方を選んできた。わざと大変な方を選んで自分で自分の首を絞めてきた。なら今回も難しい方を選ぶべきじゃない?

 

浪人したらこんなに強くなれました。大変な思いをして、人は変われるかといったらそんなにすぐに人は変われません。でもきっと成長はすると思います。私も変われたなんて思ってないけど、ほんの少し、強くなれたかなって思います。

 

私の浪人生活はこれにて終わりです。4月から晴れて大学生。

どこに行くか、より、何がしたいか。これが大事です。これから新しい環境に飛び込む画面の向こうの誰か。お疲れ様でした。4月からも頑張りましょう。

 

不器用な私が送った不器用な浪人生活。

きっと毎年この時期になると思い出して、複雑な、でも清々しい気持ちになるのかなと思います。

 

 

サクラ咲いたよ!

 

 

 

2017.03.30

うか☔︎

あけましておめでとうございます。

 

あけましておめでとうございます。

ご挨拶が遅くなりました。

前回の記事6月の終わりとかで、なんでこのブログ開設したんだろうと疑問に思いながらこの記事を書いてます。笑

2017年になって、浪人生活もあと残り2ヶ月くらいになりました。早いですね。すっごく早いです。年取ったのかなあ。

 

最近は圧倒的な情報難民で、少クラ今日なの?あ、水曜日……ってことだったり、らぶが中居くんとCM出てるのも妹からさらっと、知らないの?とか言われてしまう始末でして。もはやジャニヲタとは呼べない…………ってなってます。おっふ。とりあえず、高校生の妹が情報を持ってくるのを待って知らなかったことはしょうがない!今は仕方ないのだ!と無理やり割り切るようにしてます。

あと1週間でセンター試験です。私は私大志望なので、ここで試験の感覚と緊張感と滑り止め大学の合格を得ることができればなと思います。

そして、初めてセンター試験を受けるって人に去年1年受けた私から役に立たないアドバイス。

大体の現役生が本当に初めての試験だと思います。大学受験ってこんな感じなんだ…ってびっくりすると思います。ピリついてるし、なんかみんな頭良さそうだし強い人いる……とかね。マークミスしたらどうしようとか、途中でわからない問題があったら?ひぃ。って感じだと思うんですよ。でもね、センター試験ってみんながみんな同じ気持ちで受けてるわけじゃないと思うんですよ。私みたいに私大のセンター利用の人なら少しばかり力を抜いてもきっと大丈夫だし、頭良く見えるあの人はもしかしたら東大志望の人かもしれない。あっちの人は見た目が頭よさげなだけで、学校の成績は…かもしれない。センター試験を受ける人全部があなたのライバルじゃないんです。これだけ頭に入れておけば大丈夫。あとは会場に着いたら、よし、迷わずにつけた、オッケーって自分をめちゃくちゃ運がいいやつだと思い込ませてください。会場に着けただけでよくやった!って褒めてあげてね。

 

と、全く役に立たない頭の悪い人が考えそうなアドバイスを書きました。緊張するってことは頑張った証拠だって予備校の先生がおっしゃってました。その先生はいい大人のくせにお世辞が言えない人だからきっと本当のことです。本心です。

気負いしすぎず頑張りましょう。一生懸命やった先に何かが待っていますように。

 

 

うか

 

 

弱い自分をさらけ出せるどこかを作ろう。

お久しぶりになりました。どうも。

 浪人生生活にもとりあえず慣れて、毎日えっちらおっちらと予備校に通う日々が一段落し、1学期が終わりました。

まだ精神が追い込まれるほど勉強してないから、割と元気です。わあい。

夏期講習も抽選で漏れることなく(ジャニーズ関連のチケはすぐ外すのに)受けられそうで一安心です。

 

さて、今日のブログのテーマは、

あなたには自分の弱みを見せられる人はいますか?

です。

 

受験生を1年やって、私は最初にすごく明るくて、みんなを励ます立ち位置に自らを置いてしまったんですねえ。バカですね。その結果、誰かに弱音とか不安とかを話せなくなっちゃって、辛かったのかな?分からないけど、どうやって笑ってるのかわからない日がたまーにあったりしました。これを読んでくれてる人にはそういう風にはならないでほしいので、ならないための極意をいくつか書きます。参考程度に、というか勉強の息抜き程度に読んでくださいね〜。

 

  • まず、みんなと同じ不安を言ってしまうこと。

例えば、お昼休みみんなで、最近勉強ばっかでしんどいよね。そうだね。ほんとに受かるのか不安だよね。という会話をしたとして、そこで言ってしまえばいいんですよ。あー、わかる。私も。これを言うだけで、自分の自分への対応も変わるし、周りの対応も変わります。不安だね、って言いやすくなるんです。私はこの時、大丈夫だよ!頑張ろう!とか言ってしまい、今ちょっと後悔してます。笑

 

  • 次に、1人でもいいから弱音を言えてしまう相手を作ること。

同級生だと言いづらい、という気持ちよーく分かります。だから後輩でも先輩でも親戚でも先生でも誰でもいいんです。受験生という立場でなく、あなたの弱音を素直に受け止めてくれる人を全力で探してください。きっといます。しんどいなって思ったら迷わずその人に相談したり、不安を吐きだしましょう。1人で抱え込むの、ダメ、ゼッタイ。

 

  • もう一つは、時には自分に優しくなってあげること。

これってしっかりしてる人ほど無理な話だと思うし、受験生はやっぱり自分に厳しくなきゃな、って思ってると思います。でも時には、です。例えば模試の結果が返ってきた時だけは、自分に優しくしよう、とか、ピンポイントでいいから頑張ったね、って自己肯定してあげるタイミングを作ったほうがいいです。意識的に。これをしてこなかった私はちょっとやそっとのことでアイデンティティが揺らぐ人間になりました。現在進行形。笑 自己肯定力が低いと人生損するんですって!これを読んでくれてる方には損する人生を歩んでほしくないので、自分を撫でてあげる日を作ってあげてね。私もなるべく出来るように努力します…多分無理だけど…。笑

 

 

こんな感じで、お久しぶりの浪人生ブログでした。1学期何してたんだろうな感がすごくてとても焦っています。笑

勝負の夏。ちょっとの楽しみをめいいっぱい楽しみつつ、バリバリ勉強します。みんなも一緒に頑張ろうね。

 

 

Twitter

@jump_mk_ry

 

 

うか☔︎

 

 

 

浪人生プレゼンツ 受験生活のテーマソング



こんにちわ、こんばんわ。

うかです。


今日は長い長い浪人生活を少しでも楽しく過ごすため、心がバッキバッキになった時立ち直るため、テーマソングを決めることにしました!(唐突)


去年1年の現役生の間にも何曲か決めてたんだけど、それも含めて書きますね。同じ受験生、って方はこれ聴いて一緒にバッキバッキの心を修復しましょう……ジャニヲタじゃなくても心に響く歌詞があると思うよ!



まず一曲目。

明日へのYell/Hey! Say! JUMP


この曲はエールって入ってるだけあってすごく前向きになれます。この曲は現役時代もよく聴いてて、この曲聴いて1人泣いたこともあったなぁ。すごいキラキラな曲だから、聴くと辛くなるって人も友達にはいたんだけど、私はとにかく勇気付けられた曲です。

やる前からダメだって 決めつけてるだけで ほら やれないわけじゃない
この歌詞がすっごくすっごく好きで、自担が歌ってくれたことが本当に嬉しい。コンサートで生で聴いて、みんなタオル振って盛り上がる中私はタオルをビショビショにするっていう。笑

この歌詞はいつも心で唱えてます。そうだよね!決めつけんな自分!と奮い立たせる曲でもあります。


続いて、

ただ前へ/Hey! Say! 7

これも名曲!歌詞全体が自分、っていう存在を包み込んでくれるそんな曲だと思います。自分の価値とか、そういうものがわからなくなった時に聴くと自分を取り戻せる曲。大人になった7のみんなだからこそ歌える曲だなあ、と思います。

目の前を塞いでるのは 壁じゃなくて扉なんだ
恐れないで 焦らないで
君だけの明日をこの手で つかむのさ
歌詞全部好きなんだけど、引用するとしたらここ。なんか熱血に勇気付けられる、って感じじゃなくて、心の奥からゆっくりじんわりあったかくなる歌。あと、
喜びも 悲しみも やがて花となるでしょう
ってところはこの1年の努力を花にしてやろうって思って聴くと余計じんわりくると思います。これは模試でいい成績が出ない、とか割と本気で落ち込んだ時に聴く最終手段みたいな曲。


続いて、

/大原櫻子

高校サッカーの応援歌だった曲。この歌は高校時代の親友とLIVEで生で聴いた思い出があって、部活を引退する時とかも聴いてたので、懐かしくなる曲でもあります。青春してた頃を思い出して、切なくなったりもしてしまうんだけど、

積み重ねてきた毎日は 君のこと裏切らない
涙だって 笑顔だって ガムシャラになった証だよ
っていう歌詞がすごくいい。今自分のやってることってこれでいいのかな、って思ったら聴いてみるといいと思います。



続いて、

JUMPのみんなが初めて出したアルバムに入ってた曲。メンバーの中島裕翔くんが作詞した曲なんだけど、この曲の歌詞の本当の良さに気づいたのは浪人してから。浪人する前はただバンド曲でLIVEでタオル振り回して踊り狂う曲だったんだけど、「浪人生 ジャニヲタ」で検索した時に、あるブログを読ませていただいて、その時にオススメしていたのを見て、改めて聴きました。するとね、どうだろう、もうね、涙止まらないんすよ。この歌はね、歌詞全部載せたいぐらい!それぐらい受験生にリンクしてる曲。
僕の中の僕に聞いた どうしたいの?
進んでいくのも ストップも どっちだって自由さ
つらいほうが多い時もあるけれど 君にはさ、見てほしい 夢の先 輝く世界

受験生としての1年間ってなんかこのまま終わらないんじゃないかってぐらいエンドレスで、現役生は部活引退しちゃったりすると授業受けて、塾通ってる子は塾行って、自習して帰って、ご飯食べたら休憩もまともに出来ずに勉強して、夜寝ようと思っても部活してないから体疲れてなくて寝れない、なんだか怖くなる、っていう負のエンドレスに陥ると思うんだけど、(ソース:私)この歌聴いたら少し心が軽くなると思います。



音楽って本当に不思議で、この時にこんな曲聴いてたな、って後から思い出せるんですよね。思い出と音楽って一致させればさせるほどどちらも活きるなって思ってて。 

受験生としての1年間をいい思い出にしよう、だなんて言いません。私だって去年1年間勉強楽しかったか?って聞かれたら全然楽しくないです。高1高2は大好きだった英語が嫌いになりそうになったこともあったし、高3の1年で日本史は嫌いになっちゃったし。元々勉強することは好きだったけど、受かる勉強をすることは大嫌いで、成績は上がらないしすごく辛かったです。その割に周りの子が辛いって言って泣いてる時に、大丈夫だよ!あとちょっとじゃん!とか言って励ましたりして、そしたら今度は自分の弱音を吐く場所がなくなってしまって、へへへって笑うしかなくなってしまって、蓋を開けてみたら励ましてあげてた子は受かって大学生になってて、私は置いてけぼりになって。あれあれ?って感じだし、神様不公平!って思ってるけど、どう足掻いても文句言っても、受からなかったことは事実で、みんなは大学生で私は違う。これが現実だから。

でも私が心をポッキリ折らずに浪人しようと決められたのは、去年の受験校をまったく妥協しなかったことがたった一つの自信になったんですね。どうしても行きたい学校、行きたい学部があって、これより下の大学に行くなら浪人する、って思ってやってきたから。ま、こんなもんか、で受かった大学生とは違うんだ。私の浪人ってカッコ悪くないんじゃない?って思えたから。だから、同じ浪人生の方も現役生のみんなも妥協は絶対にしちゃダメだと思います。絶対譲らないことって人それぞれあると思うから、それだけは絶対妥協しない、って決めてあと約10ヶ月ぐらい頑張りましょ〜う!!!


もしこれ読んでくれた受験生の方がいたら、私はこんな曲聴いてますー!って教えてください!よろしくお願いします!




またね〜🐈

うか☔︎



浪人生がブログを始めた理由。〈初めまして〉

 

初めまして。うかといいます。

Twitterともう一つのブログを読んでくださってる方は知っていると思います。

このブログは浪人生である私が、浪人生兼ジャニヲタとして思ったこと、感じたことを素直に書くブログにしたいと思います。

 

 

唐突に何故このタイトルでブログを立ち上げたか、と言いますと、

浪人生だってジャニヲタしたい。

そういうくっだらない理由でございます。はい。

浪人生ってしんどいですよ。まだそんなに経ってないけどしんどいだもん。

こんなの1年間??死ぬ死ぬ。

でも私の中で、浪人しないという選択肢は不思議とすぐになくなってしまいました。

その理由の1つに、ジャニーズのみなさんの輝かしい学歴があります。

ジャニーズのみなさんは忙しい。お仕事やレッスン、それから授業もあるしテストもある。学校に行けないときのほうが多いかもしれない。それでもたくさんのジャニーズのみなさんが難関大学に合格していく。

じゃあ私は??

私には仕事はない。バイトをすれば話は別だが、一日中なんてことは滅多にない。

レッスンはあるだろうか。これもない。私は芸能人ではないからだ。

あれ?なら私にもやれるのではないだろうか。

 

こんなことが理由の一つで浪人生という棘の道をあえて選んだ。

もうすでにしんどい。無事大学生になれた友達が、楽しそうに履修登録をしているのを横目に、私は昨年度から使い古したボロボロの単語帳を開く。

予備校への登下校。楽しそうに大学の授業の話をする女の子グループの横で、

明日は古典の予習がある、日本史...と頭を抱えるのである。(割と本気で自分の存在価値を否定された気分になるので浪人は絶対しないほうがいい。これを読んでる現役生のみんなは浪人しないように頑張ってください。)

予備校で友達は出来ない。高校時代の親友がたまたま同じ予備校だから救われているが、そうじゃなかったら…と考えるとある意味で背筋が凍る。

なんら楽しくない浪人生活の中で、少しの楽しみ。それがジャニヲタをすることなのである。

自担がTVに出たら、それはそれは嬉しいし現場が決まれば一公演くらいは入っておきたいと思ってる。(実際夏はチケ普通に応募した)

もはやジャニヲタである、ということ自体が私自身の看板になっているんだと思う。

そんな意味不明重い系ヲタクのうかがおくる、浪人生だってジャニヲタしたい!!!という切な思いを書きます。

完全に自己満足だし、更新日時空いちゃうかもだけど、国語の力もつくかな~なんてまたくだらないこと思いながら、勝手に書こうと思います。

浪人生生活始まったばかり。頑張るぞ~!

 

 

 

 

おわりんご

うか☂